Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>








qrcode



黒子のバスケ リバーシブルクッション 黒子テツヤ テニスの王子様 うたたねの王子様ブランケット 幸村精市Ver. 障害役者 〜 走れなくても、セリフを忘れても 〜

応援
うたの☆プリンスさまっ♪All Star 2013年3月7日(木)発売

黒子のバスケ女子プチオンリー「恋もバスケも女のカンよっ!」
申込締切:3月24日

三強プチオンリー実行委員会
申込締切:3月16日

テニスの王子様完全版 応援バナー

ワンドオブフォーチュン2

NOW PLAYING
うたの☆プリンスさまっ♪ 来栖翔

GS3公式サイト

三国恋戦記〜オトメの兵法!〜
主に携帯から更新されるブログです。
その時々の叫びが如実に反映されますよ。
ブログタイトルはMaxBoys「恋のキセキ」から引用。

夜明け感想というか覚書
23:14


柳浩太郎復帰公演、夜明け、見ました。
22日土曜のマチネ。
チケ発売日は夜中1時半まで頑張ったけどチケットサイトに繋がらなくて、翌朝6時前にアクセスしたら完売してた。二次抽選販売を1枚だけ申し込んだら当たった。
柳の復帰舞台を私が見られるはずがない、と思っていたから当たってよかった。
まあ抽選申し込んだけど半分諦めてたし、1月のイベントの時のメッセージでは舞台は行けないって書いちゃったんだけどね。

劇場は非常に狭いです、って書いてあったけど、思った以上に狭かった。
客席と舞台が近いなんてレベルじゃない。
小さいライブハウスに無理やりベンチや椅子を並べて客席を作った、って感じなので、狭いというレベルではない。
隣の人との距離が電車レベル。しかも満員電車。
その分役者も近かったし、誰か役者に喫煙者いるよね、本番始まったら煙草臭かった。

泣いたり笑ったり情緒がめっちゃ不安定でぐちゃぐちゃになる舞台でしたね。 
でもこれ私が柳を見て来過ぎてるからかもしれないから、柳を何も知らない人が見たら、何だこれって思うだろう舞台。
完全に柳を知る私達と、柳自身と、柳復帰を待ってた仲間達の為の舞台です。
ゲネプロレポの通り、最後は一応希望で終わる。何回も泣いたけど悲しい話では無いよ。
舞台の主人公である柳瀬は舞台にまだ復帰出来る状態まで回復しなかったけど、我々は柳が1年で回復してテニミュ出たの知ってるじゃん…だから柳瀬も回復してまた舞台に立てるんだろうなと思う。

内容はサイトに書いてある通り。
舞台の本番前に事故にあった柳瀬が、リハビリしたり挫折したり子犬と戯れたりしながら、また舞台に復帰しようとする話。
リハビリの続く中、ある日突然柳瀬は記憶障害を起こし、仲間や家族の顔も分からなくなり、海外にいた子供時代まで記憶を逆行させる。
担当医は柳瀬を回復させるのに身体の一部をAIに取って替わらせるAI手術をする事に拘る。
リハビリ担当の看護師か理学療養士かどっちか分からんけど多分看護師の恵さんは、リハビリで回復させようとする。
AI手術では身体面では回復しても感情が無くなる可能性が高い。 
柳瀬の夢はバックダンサーだった。
だから、皆でダンスをして、柳瀬にそれを見せてダンスへの熱や夢を取り戻させよう、というのがクライマックス。

正直、柳瀬が当て書き過ぎてAI手術の事以外は全部本当の事だったんじゃないかとしか思えないし、柳瀬が当て書き過ぎて柳なのか柳瀬なのか判断つかない。そのまま過ぎる。
役名、柳瀬浩太郎だしね。漢字出てないから知らんけど、読み方はコータロー。
フィクションですって言われても信じられない。
台詞とかどこまで台本通りなの、これはアドリブなの、だって柳すぐこういう事言うよね??という事があり過ぎた。
すぐうるせえとかクソヤローとか言うし。
話が飛んだりとかするのも。
完全に演技だなって思ったの子犬と戯れるシーンだけだよ。
あと医者と星眺めて星座の名前言う所。

だって私達知ってるじゃないですか。
あの事故の当時の記憶、あるじゃないですか。
皆があの時どう思ってたのかとか、詳しくは知らないけど、分かるじゃないですか。

姉が眠り続ける柳瀬に聞かせる曲がザ・レギュラーのインストなんだけど、それ流れた途端会場にすすり泣きが響き渡る。

柳瀬の仲間2人の役名が木村と長谷川なんだけど、これどう考えてもKIMERU君と滝川部長じゃん??
木村はそもそも柳がKIMERU君を呼ぶ呼び方だし。
柳が目を覚ました時はテニミュ楽が終わって新幹線のホームにいた時に連絡受けて、皆でホームで抱き合って泣いた、というのをKIMERU君のブログだかで読んだから、木村が柳瀬が目を覚まして会いに行った時にトイレ行くって言ってトイレでめちゃくちゃ泣いてたのとか、それは事実だったのかなーとか。 
KIMERU君は何で日替わりで来るだけで木村役やらないのかなーとちょっと思ったけど逆に出来ないね、これ。
KIMERU君は割と感情豊かな方だし、自分役というものに感情引きずられすぎると思う。
近くで見てきた別の役者の方がちゃんと演じられるんじゃないかな。
あと、自分役を出来るのなんて柳くらいじゃないのか…?

自販機でコーヒーを買おうとするのに、上手く指を動かせなくていつもお汁粉とかコーンポタージュとかしじみ70倍のやつとか買っちゃってコーヒーが買えない。
このシーン、間違えるたびに笑いが起きてたけど、本来笑うシーンじゃないんだよな…。
脳の信号が上手く指に伝わらなくて上手くボタンが押せない。
でも最後の最後ではちゃんとコーヒーを買えるようになるまで回復するんだよ。

恋人と別れた話もやった。
あれは泣いてしまったな。
あそこだけ妙にリアルだったな。
まあなんだかんだ柳瀬のシーン全部リアルなんだけどな。

見舞いに来なかったり連絡の来ない友達の連絡先を消して「削除」「削除」って呟いてるの、確かにデスノートの月っぽかった。
武田Pは星マーク付けてて(お気に入り)木村は待受にしてて、長谷川が見舞いに来た時にちょうど長谷川の連絡先消そうとしてて、長谷川に言われて保留にする。
その後様々な行き違いがあり、柳瀬が遊んでた子犬の名前が長谷川になるの面白かった。

日替わりは寿里のモデルウォークと、篠田君の香水の歌。
もうここ何が何だかよく分からない。自由過ぎて。
途中から台本に無いって言ってたし。
なんかめちゃくちゃ笑ったし、篠田君に向かってやっほーって言った。

寿里は柳瀬の中学1年の時の同級生で中2で転校した役。
彼も事故で障害が残ったけどリハビリを頑張って元通りになった、という設定。
通院はまだあるから病院に来ていて、500円玉を落として病室に探しに来て、柳瀬と偶然再会する。
そこから少し会話して寿里に柳が何かやらせる(のがモデルウォーク)
 
篠田君はリハビリに投げやりになった柳瀬を励ましに来る病院の清掃バイトのフリーター。
もうその頃は柳瀬はリハビリをやる気を出してるから励ましは必要無いというのを無理やり励まそうとする役。
そこからまあ柳が何かやらせるんだけど、香水の歌を自作して歌え、という無茶ぶり。
客席の方に窓がある設定で窓を開けてやっほーって言ったりとまあ割と自由。
柳に「そういう窓閉めたり鍵かけたりとかいう小芝居いいから」と言われたりする。あそこ柳瀬じゃなくて柳だからな…。アドリブだし。

柳瀬を支える人達の名前を1人1人挙げていく時に、最後に七色のライトがついて客席が照らされて、「柳瀬を待ってるお客さん」って言われるの、ずるいよな。
よく覚えてないけど確かそんな感じの台詞だったと思うわ。
柳瀬を支える人々の中に我等も入ってたわ。

上島先生振付のダンス、やっぱり好きだわ。
ああこれ上島先生の振りだ、って何となく分かるよね。
女性陣若いからか皆ダンス上手くて動きキレッキレで思わず見入ってしまった。

柳瀬に記憶を取り戻させようとするダンスのシーンで最初に森山君演じる武田Pが右袖からラメ入りのキラキラしたリボンを出す。
そこで小さく上がる悲鳴とすすり泣き。
我々はそれを見ただけでアレが何を表現してるか分かるじゃないですか。
今は無きキラキラミトンだよ…。
全員ラメ入りリボン右手首に付けてダンスしてた。On My Way…。
でもあれ柳がいた時にやってたっけ?初代の時は全部ユガゲよね。
ダンスは流石に全部オリジナルだったと思う。曲もかな。
最後に踊って記憶取り戻させる所がミュージカルっぽいなって思った。
最後は皆で踊って解決だぜ。医者も看護師も全員で踊るぜ。
河合君に対して柳が「日吉も来てくれたし」って言ったのは台本なのアドリブなのどっちなの。

最後、親身になってくれた看護師の恵さんに柳瀬は告白して振られるんだけど、買えるようになったコーヒー渡して、その缶の底に告白のメッセージが書いてあるの、あれ演じてるのが柳じゃなかったら割と感動的なシーンになるんじゃないだろうか。
少女漫画な演出なんじゃなかろうか。
患者以上に見られないし、好みではないって振られるコミカルなシーンになってたけど。

アフタートークもグダグタだったんだけど、まともなトークなど期待してなかったからまあこんなもんです。
ルドンの黙示、作品としては割と面白かったんだけど現場は最悪だったらしく、クソ劇団って柳言ってた。
篠田君も1番キレてたらしい。演出家が最悪だったとか。
あそこ数年後に潰れたよね。アンケート書いたらしばらく公演の葉書来てたんだけどそのうち来なくなった。
ドリライ7の時に初代と若い子達皆で円陣組んで、柳が「じゃあ皆緊張してると思うけど」と言ったら寿里が茶化して、それで結局円陣グダグタになったらしいんだけど、その円陣に多分増田がいたんだよな…。推しと推しが邂逅してるんだよな…。
寿里君はよく現場で茶化したり、すぐボケようとするみたい。

今回の舞台は、テニミュ峰再演の時と雰囲気が似てる。柳の復帰の為に作られた舞台。プロデューサーも同じだし。
だから柳のホームでもあるし、お客さんも皆柳を知ってて温かい雰囲気で出来るというか、いわゆる身内の舞台。
次の舞台はテンペストっていうのが決まってて、これはホームではなくアウェイ。
アウェイで柳がどう演技出来るかというのが少し心配。
ただ、障害を持った人が出演するものっぽいから、そういう意味ではホームなのかもしれない。
その次の仕事があるかどうかで柳が役者続けられるか分かるんじゃないかな。
正直今回のは当て書き過ぎてもう分からん。

ただ、私も柳が舞台に立ってるだけで泣く事は無くなったからそういう意味では成長したというか冷静になったよ。

| 2020.02.22 Saturday | イベント | - |

2019お出かけまとめ
20:15
1月
スタステ2nd
アイナナ衣装展示会

2月
あんステMOMライビュ
劇場版ダンまち舞台挨拶(斉藤壮馬出演)
徳川ミュージアム(水戸)

3月
アニカフェ
ヒプマイオンリー
あんスタスタライ

4月
あんスタ感謝祭
アイナナ感謝祭ライビュ
アニカフェ
FGOピラミッドからの脱出

6月
錆色のアーマ(舞台)
プラネタリウム(斉藤壮馬ナレーション)

7月
ナナライ
アニカフェ(仙台)
刀ミュ双騎出陣ライビュ

8月
舞台幽白

9月
あんステDR
ダメラジイベント
スタマイ先行上映会ライビュ
舞台幽白ライビュ

10月
朗読劇逃げ恥(斉藤壮馬出演)
刀ミュ葵咲(2回)
プリンスキャットオンリーストア
刀ミュ葵咲ライビュ

11月
とくびぐみフェス

12月
アニカフェ(ヒカ碁)
Mマスプロデュースイベント(星ぱ)
アイナナ感謝祭ライビュ
スタライライビュ
音楽劇エルメロイ?世(2回)
斉藤壮馬EPリリイベ

| 2019.12.31 Tuesday | イベント | - |

斉藤壮馬EPリリイベ
20:10
御茶ノ水駅の側の建物の一室でやった。
学会みたいだなって思った。実際卒論発表会とか隣の部屋でやってたみたい。
200人規模のイベントだったのかな。整理番号172だったから後ろだったよ。
以下覚書。

・斉藤君は蟹が好き。多分普通の人より数倍は好きらしい。うちの冷凍庫にいっぱいあるカニ貰って欲しい。
・林檎と梨では林檎が好き。実家では梨ばかり出てきた。
最近好きな植物は竹。竹林で撮影した後気になって、竹林を散策出来るスポットとか探してた。
・旅行したい季節というか好きな季節は秋。
今の日本は秋が無くなって来ているけど、秋が好き。趣味の小説を書いてて、近未来で秋の無くなった日本で、亡くなった祖父を宇宙散骨する時に蔵で祖父の手紙を見つけて、秋の話が出て来て、秋を知る少女がいて…みたいな話を書いてる。

曲についての話も色々していたけど、こちらが受け取っていたイメージと同じだったり、その知識が無いから分からなかったり、色々だった。
でもデートは今の売れ線を調べて書いたっていうのは当たってたよ。あれめっちゃ聴きやすいもの。計算してるって思った。
基本となるメロディを渡したら、アレンジの人に渡して、それを戻してもらった時に自分のイメージと合ってたら、よし、とか思うらしい。
1人じゃなくてチームで作るって言ってた。
MVとかも同じでチームでいいものが出来るって。
斉藤君がイノシシを獲る人で、アレンジしてくれる人が美味しいジビエ料理を作ってくれる、という例えが面白かった。
曲聞いて抱いた印象、そこまで外してないんだなと思ったのと、これ考えずに作ってるなって感じた部分はやっぱそんな感じだったから、計算して作るのと感覚で作ってる違いは分かるもんなんだな。
配信限定シングルとか、配信限定ライブとかしたいとも言ってたけど、Wi-Fi環境不安定なのとパソコン死にかけてるからそれはあまりしないで欲しい。
配信限定だったらiPod touchに落とすかなー…。
CD世代だからCDを作りたいとも言ってたし、CDも作って欲しい。
アルバムの箱開けづらいらしいね?横から開けるのが正解らしいけど、私は最初から後ろから開けたから開けやすかったよ。

ワルツは飛べなくなった精霊と、元仲間の精霊の話で、翼がなくなったから仲間は見えなくなったけど仲間もまだ側に近くに漂っているんだよって歌らしい。だから2人で歌うような感じなのかな。

作曲をするのは基本アコギだけど、メメントはエレキのイメージだったからエレキで作った。
最近はiPadを使って打ち込みでも作る。
打ち込みで作ると、音のイメージをそのまま伝えられるから便利。「こういう音」ではなく、音そのものを伝える事が出来る。
自分で作曲しているのに、レコーディングしててこれ歌える訳ないって変える事が多い。
これ作ったの誰だよ、自分だよってなる。
人間の歌う歌じゃないって何度か言ってた。

ライブは皆の顔が見えるような作りの会場で楽しかったけど、もう少し小さい所でバンドの音が後ろから聞こえて、バンドの音を背負って歌うようなライブハウスとかでやりたいって言ってた。
多分歌う方としてはそっちの方が楽しいんだろうけど、チケット取る方としては厳しいよ。
GRさんは、そういう所とでかい所でやるから全国ツアーやればいいのでは?
あ、でもツアーもやりたいって言ってた。
まあ声優業とのスケジュールの兼ね合いで今の所無理だろうね。次のライブの予定立ってないみたいだし。
音楽活動をメインにしたいのか、声優をメインにしたいのかって所で違うんだろうな。 
多分今は声優業の方がいいんだろうし、仕事量やお金の問題として考えても声優やってた方がいいと思う。
自分のギターも買ったって言ってたし、音楽ももっと本格的にやりたいのかもしれないけど、何かを突き詰めるというよりも色んな事に手を出して、それぞれ影響を与えるような活動をすればいいんじゃないかな。
何か1つだけにすると多分そこで終わる気がする。
それに作詞作曲演奏歌唱は出来るけど、それだけで食べていけるほどは売れないと思うんだよね。
純粋に楽曲だけでCDが売れてる訳ではなく、あくまで「声優の斉藤壮馬が」作って歌ってるから売れてるのであって、声優としての彼がいなくなったらここまで売れるかは微妙だと思う。
10年くらい音楽活動やって固定ファンも付けばどうにかなるかもしれないけど、それには定期的にライブ活動をする事も必要だと思うし、今の声優の仕事量じゃライブやるのも難しいんじゃないかな。
去年ライブやった時、前年からかなり声優業の仕事関連セーブしてたよね?
そこまで詳しく情報追ってる訳じゃないから知らんけど、何となくそう感じたもの。

ミニアルバムじゃなくてEPなのはカッコイイから。EPと言った方がカッコいいから、らしい。
EPって最初何かと思ったよ…。

メメントは浮遊感のある歌声となんか壮大な音楽の融合みたいなの作りたかった、とか言ってたような。
最初は弦楽器無かったんだって。編曲で付いたらしい。弦楽器あった方がいいよね。
メメントモリと言ってる人がいたーとか話してたけど、最初タイトルはメメントモリだと思ってたよ。
最後のラララの所はライブの時に皆で歌って欲しい。その間に斉藤君は息継ぎをするらしい。
ブレスの位置とか考えないで曲作ってるから、人間の歌う歌じゃないってまな言ってた。
デートもどこでブレスするんじゃって思うものな。

ペーパータイガースは虚勢を張ってるとかいう意味。

| 2019.12.22 Sunday | イベント | - |

プリンスキャット
21:45
プリンスキャットのマルイイベントに行ってきた。
初回11時の回で100番以降の整理番号だったけど欲しいもの全部買えた。
久々に諭吉飛ばしてきた。
買うもの事前に決めてたのに、気付いたらいっぱい買ってた。
昔のドールイベ並に買ってた。
ぬい文化怖い。



ロージーとリラお迎えしたよー。
服は買わないとか言ってたのに普通に買ってた。
ミニの方もスペシャルバージョン買って服も揃えた。



ころころマスコット、全種類欲しかったのに12個買って8種しか揃わなかった。
せめてカルナイ揃えたかった。アクア可愛いのに。



1番小さいプリキャは欲しいの揃った。
ロージーは2個あるし。


ぬいには話しかけやすいぬいと話さないぬいがあるんだけど、プリキャは話しかけやすいタイプのぬいだね。
皆がプリキャ集めるの分かる。
プリキャすごく可愛いし、話しかけやすい(?)
買ってよかったなって久々に思えたグッズだった。
まあ諭吉は飛ばしすぎたけどな。

| 2019.10.26 Saturday | イベント | - |

刀ミュ葵咲本記
17:52
友人のお陰で昼の部を見てきました。
ペンライト買ったら財布に1000円札1枚しか残らなかった。
刀ミュの物販って現金のみだったよね。
最近カード使える物販に慣れ過ぎてたわ。
パンフ買う金は無かった。

刀ミュっていつも長い歴史の話だったけど、今回はとても短い期間の話だったからある意味分かりやすかったかもしれない。
ちょっと納得出来ないというか、それいいんかいって思う事もあったけど。
籠手切くん1人だけ1部なのに2部だった。
脇差箱推しだから、つい、彼ばかり見てたわ。

家康ってみほとせで死ななかった?って思ったけど、みほとせが長い長い歴史の話だったけど、葵咲はその中の一部の話なんだね。
みほとせ見直せって言われてた意味が分かったよ。
確かに見直し必要だった。お前は誰だって思ったもの。

席は第2バルでした。
2部は蜻蛉切と明石が来たよ。一瞬だったよ。

| 2019.10.20 Sunday | イベント | - |

ショック
15:55
朗読劇の後にシャイニングストアに行こうと思って竹下通りに行ったら停電で休みだった。
事前にツイッター見てたら休みだって分かったのに。
プリンスキャットのトレーディングバッジが欲しかったの。猫関連は通販が無いから。
あと在庫のあるクリアファイルも。
そしたら通販頼まなくてもいいなぁと思ってたのに。

まあ猫はなくても生きていけるし、逃げ恥朗読劇で物販買っちゃったから使う予定だったお金と同じ金額は使ってるし、余計なお金使わなくて済んで良かったと思えば……。
うう、でも残念だなぁ。
東京に行く日がいつも事前抽選日だったからフリー入場できるの今日しか無かったのに。
来週は台風だし、そもそも来る予定無かったし。

ブロッコリーさんプリンスキャット本体関連も通販してくれ。

| 2019.10.06 Sunday | イベント | - |

逃げ恥朗読劇
14:53
逃げ恥朗読劇昼の部に行ってきました。


絶対に泣かないし共感も出来ないだろうと思っていた朗読劇で泣いてしまった…。
主人公2人の恋愛というか結婚は、合理的で良いというか、2人とも頭良くて理屈っぽいから成立するんだな。
仕事としてなら家事はするけど入籍するんだったら家事の分担は必要とかその通りだし。

百合ちゃんの言葉がもう共感出来て仕方なかった。
ずっと独身よりバツイチの方が箔がつくかは違うと思うけど。
19歳年下はやっぱ悩むよなー。
男だったら娘みたいな年の女を嫁に貰っても羨ましがられるけど、逆に女がそれくらい年下の男と付き合ったら両方笑われるだけーとかもうほんとそれなって感じ。
干支が同じとか一回り違うだけでも悩むものね。
でもこれ少女漫画だからちゃんと最後ハッピーエンドというかくっつくんだよね。
いやもうほんとドリームですわ。
一度振ったのに、やっぱ諦めきれないってやってくる風見君が1番少女漫画だった。
夢小説だった。
夢小説っていうかこれは少女漫画だった。
流石KISS連載…仕事も恋も両方ゲットする雑誌…。

演技としては女性陣の演技がすごく良かった。
みくり役の真礼さんめちゃめちゃ可愛かったし、百合ちゃん役の朴さんが1番良かった。
ベテランさんの演技すごいわ。年齢的なものもあって1番共感出来たし、身につまされた。
主役の男の方も生真面目で恋愛経験値低い男をよく演じてたというか台詞噛むの多くてそれも含めてらしいな、と思った。
原作知らないから斉藤君の役の風見君は最初当て馬だと思ってたんだけど、全然違くて、それぞれ独自に話展開してて、百合ちゃんの方が好きになるとは正直思わなかった。
最初はお互い嫌いというか苦手で、でも途中で2人に共通点があって、だんだん仲良くなって最後くっつくとか私の好きなパターンじゃないですか。
主役2人の関係より正直風見と百合ちゃんの関係の方が気になったわ。

斉藤君の演技も良かったです。
実際彼は年下だから、こんな風に告白されたいわって夢女になったわ。
これ配役上手いよなぁ…他の日の組み合わせもそんな感じなのかな。

物販を買ってしまった事を後悔したんだけど(だってパンフと写真で4400円)結果として推しカプの写真だったから割とオッケーです。
でも4400円マイナスキツイわ…写真は無くても良かったわ。あとBとCだけで良かった。Aはいらなかった…。
まあいいか。

| 2019.10.06 Sunday | イベント | - |

スタマイ先行上映会
23:25
スタマイアニメの先行上映会ライビュに行きました。



1話上映の後に声優さんのトーク、その後2話上映でした。
2話もやるなんて知らなくてびっくりしたよ。
アニメ1話はちょっとマトリちゃんの言動に、ん?って思う所あったんだけど2話以降のマトリちゃんは好きです。
というか、2話が好きです。
ありがとう推しが人気者だとちゃんとメインになるんだね…。
考えてみれば1話のメインも人気キャラだった。

キャストトークは、キャストの年齢層が高いと言ってて、そいや他のソシャゲよりベテラン使ってる割合高いよね。
たそとか、たかぴとか、新人に近い人もいるけど(たそはもう若手人気声優だけど)スタマイリリース時には新人だったし。
あとスイーツの話とか、杉田はガンダムとファフナーの話をしていた。
お題に沿って話したりとか、クイズとかもあったけど、よく覚えてない。
2話のアニメで全て吹っ飛んだ。

来場特典はこれだった。

| 2019.09.20 Friday | イベント | - |

ダメラジイベントとりハイ
18:55
斉藤壮馬と石川界人のダメじゃないラジオ、とりあえずハイボールの昼の部に行ってきました。
イベント名はうろ覚えです。ゲストが八代拓君です。




グラブルからノイシュとフェザーのお花来てて、サイゲは金があるなぁと思いました。

ホテルの宴会場イベなんだけど、ディナーショウとかFNS歌謡祭とかやるような会場で、シャンデリアが豪華だった。
と、キャストが話題にしてた。

そんな2000人規模の会場で3列目だったんですけど、斉藤君がスクワットするのを間近で見られた。
トークあり朗読劇あり筋トレありのイベントだった。詳しいレポは本職の人が色々上げてるし、ブルーレイにもなるらしいよ。
そのブルーレイ私の誕生日前日に発売なんだけど、なんか他にもそういうのあったよね。
自分への誕プレって結局自分で買うから出費重ねさせるのやめてくれ。
限定版に食品サンプル付いてくるらしいんだけどそれが欲しい。(円盤は?)

前説がたすくだった。たすくなんか色々面白い事言ってた。

お題に沿ってトークするやつ、失敗談の話で斉藤君が全く話をしなかったんだけど、失敗話はしたくないのかい??
でも今年1番の失敗って言われてもとっさに思いつかない。何かあったっけ…仕事では色々ありそうだけど、覚えてない。
ゲームの話題は皆楽しそうに話してたけど、斉藤君が「5歳の時にポケモンをやって…」と言ってて、5歳の時にポケモンどころかテレビゲームも無かったわ、とジェネレーションギャップを感じた。
でも皆、ポケモンに色々思い出あるんだね。私は無いよ。ポケモンプレイしていた友達が大学落ちたくらいしか。
八代君が逆転裁判好きだったって言ってた。それで、しばらくナルホド君みたいな喋り方してたって。
それで斉藤君がミツルギ好きだとか言ったんだっけ?なんかそんな感じ。
酒の話も盛り上がってたね。1番最初に飲んだ話と1番最初に美味しいと思った酒の話してたんだっけ?
斉藤君が山梨だからワイン1本貰って、成人のお祝いで親戚とか来てたからペース考えずに飲んでその後2階で吐いてたらしい。
山梨はワイナリー多いんだよな…山梨にいた頃一生分のブドウジュースとレーズン食べたわ…もういらない。
ワインってペース守れば1本空けられるよね?基本酒飲まないけど大学の合宿の時に何なら飲めるか聞かれてワインなら多分飲めると言ったら教授に1本渡されたから仕方なく全部飲んだ。
私が1番酒飲んだのは後にも先にもその時だけだわ…。

クイズコーナーでは梅原君が映像で出てきて、彼に関するクイズだった。
梅原君が画面に映った時に周りからの歓声がすごかったんだけど、名前のテロップ出るまでどこかで見た顔だけど誰だっけって思ったくらいには彼に興味無さすぎて分からなかった。
梅原君が尊敬する人はつんちょらしいよ。
今考えてる事は何か、というのでは「今すぐ帰りたい」で八代君が当ててた。

筋トレはまあ先述の通りに斉藤君がスクワットするのを眺めてたんだけど、バックミュージックがたその曲だった。
たその名前出た時にも歓声上がってたからたそも有名になったよなぁ…(しみじみ)
声優の交友関係とか共演関係知らんけどこの辺り共演とか交友多いんかな。
八代君とたそが交友あるのは知ってるけど。

台詞1個しか言えなくて、エチュードで状況を伝えるクイズコーナーがあったんだけど。
八代君、演技上手くなったなぁ…って思った。
状況が難しかったから他の2人には伝わってなかったけど(そもそも石川君が茶々入れすぎ)

朗読劇は何か色々あったけど、よく覚えてない。
「斉藤の女から九条天の女になったのよ」の台詞に爆笑した事しか覚えてない。

全体的にはしゃぎすぎなイベントだった。 笑いすぎて疲れたよ。でも楽しかった。

ところでハイボールって何。

| 2019.09.14 Saturday | イベント | - |

あんステ感想
19:45
あんステのディストラクションロードを見てきた。
クロスロードと海賊を混ぜた話でした。
混ぜたっていうか休憩前がクロスロード、休憩後が海賊って完全に分けてた。

プレミアム席なのでパンフは貰いました。
今回物販買ってないから褒めて欲しい。
零のブロマイドちょっと欲しかったけど買わなかったから褒めてほしい。
まあ現金もほぼ無いんだ…。

3列目上手の席だったので、今までのように零が目の前にいる事があまり無かったけど最後の全体曲ではファンサもしてくれたので、良席でした。
皆客席降りする中、零と晃牙君だけ舞台上に残って、最初に零が上手に来てくれた。
ペンライト振ってたら「分かっておるぞ」って感じで小さく何度か頷いたんだよね。
朔間零のファンサってそんな感じだと思うから、小南くんと解釈一致です。
俺様ちゃんも、増田が演じるとしてもこういう感じになるだろうなーって演技だった(増田と小南くんは別物だとは分かってるけど)
小南君も多分増田の演技をベースにして自分なりの零を作り上げてると思う。
でも私はどうしても彼を通して増田の零を見てしまう…。
声の演技は増田に寄せてるけどダンスとか板の上での演技は全然違うので別人だとは分かってるよ。
私は小南君のダンスが好きです。
メロダで激しく踊りすぎてジャケット脱げて肩が見えちゃう所も好きです。
これ見るたび毎回言ってるけど好きなんだよ、あのチラリズム。チラリズムじゃないな、肩モロに見えてるしな…。

内容はクロスロード大分端折ったな?って感じ。
蓮巳に感情移入するならそこ省いちゃダメなのでは?ってくらいに蓮巳の心情の説明がほぼ無かった。
クロスロードは零と蓮巳の物語だけど零視点の話が多かったように思う。
これだと「朔間先輩!」って尻尾振ってる晃牙君と同じになっちゃうんじゃないかなー。

晃牙君可愛かったですね。
スイカの種すっごい丁寧に取ってるのは笑ってしまった。
あと恋してるな?って思った。
腐ってても腐ってなくてもいいんだけど、この時の晃牙君の零に対する親愛はちょっと度を超してる気がする。
それでも晃牙君は零に対して憧れても、彼に敵わないとは思わないんだよね。
同じ位置に行ってやるって闘志がある。
それが蓮巳に出来なかった事で、零が蓮巳と決別する理由でもあるけど。

デッドマンズライブの2曲目で、零が蓮巳を後ろから抱きしめる振りがあった。
零は普段そういう事をしないし、蓮巳もびっくりした演技をしてたから、打ち合わせにはない振りで、零にとって前日に生徒会の問題を片付けた事と同様、あのハグが蓮巳に向けてのサヨナラだったのかなぁ…。
打ち合わせに無いっていうのはあくまで役の上でな。あんステとしての台本には載ってると思う。


ステラボール、トイレ多くていいんですけど客席全部フラットだから後ろの方見えづらいだろうし、入場するのに炎天下の坂道に並ばされたりしたので、余程の事が無い限りもう来たくないな。
ここヒプマイのサードライブかセカンドライブやった所だよね。
お友達曰く、スピーカーがライブ用のやつらしくて、右耳がしにかけた。
ライブ用耳栓いい加減必要かな…。

| 2019.09.07 Saturday | イベント | - |