主に携帯から更新されるブログです。
その時々の叫びが如実に反映されますよ。
ブログタイトルはMaxBoys「恋のキセキ」から引用。
ジャンプ感想
 銀魂が沖神でした。


花宮の声優さんがじゅんじゅんこと福山潤さんに決まりました。
正直ずっと私は花宮の声を岸尾さんの声で読んでたんだけど、じゅんじゅんって色んな声と演技を持ってるので、どう演じてくるのか楽しみです。
あと、万が一、億が一、増田来ないかなって思ってた!増田俊樹が来ればいいなぁって思ってた!
うん、来なかったね。メインキャラだものね、新人声優に充てないよねぇぇぇぇぇ。

儚い夢だった。


目次コメントで藤巻先生が「巻頭なのに暗い話ですみません」って書いてました。
今回の内容はそんな感じでした。
辛かった。
黒子っちの心情が初めて描かれた。モノローグがあった。


表紙も黒バスだよ。黒子っちと火神君だよ。
表紙が真っ赤で目立つよ。

本編を全部読み終えてから扉イラストを見ると泣ける。
今までの扉イラストをバックにしたキセキ全員の笑顔。
もう本編では見る事の出来ない笑顔。
青峰がまだ開花する前だからいつの大会だろう。
今はもうこんな笑顔の帝光キセキは見られないのだよ。

荻原君と赤司が出会う。
赤司は荻原君の事を黒子っちから聞いてたって話す。
「あまり昔の事を話したがらないから知っているのは僕だけかもしれないが」
赤司君それ自慢ですか。黒子っちの過去を知る数少ない人間は自分だっていう自慢ですか。

黒子の見舞いに来たという荻原に、赤司は「次の試合はテツヤは欠場だ」と言って去ろうとする。
赤司に荻原はバスケをやってて楽しいかと聞く。
荻原君の言う事の方が正論だと思うし、正しいと思う。赤司君が間違ってる。
けど、勝利が絶対の赤司君に荻原君の言葉は何も届かない。
敗者の戯言、綺麗事、全く何も響かない、とまで言われる始末。
荻原君が自ら「俺達の事は眼中にないくらいに帝光は強い」って言った通りに赤司君は「眼中にない、言葉も実力も」とまで言い放つ。
ここまで言われて怒らない荻原君って本当人間出来てるね。すごいね。火神君ならキレてるね。火神君より人間出来てるね。
荻原君は赤司君に「黒子に絶対またやろうと伝えてくれ」って言ったけど、赤司君ちゃんと伝えるのかな。

桃井さんがテツ君が目を覚ましたと赤司君を呼びに来た。
病室には赤司君と桃井さんだけいる。決勝はあと5分で始まるらしい。他のキセキがいなくて薄情だなって思ったけど、試合5分前なら仕方ないね。
赤司君は行かなくていいんですか。
まぁ部長だから怪我した部員の様子を見てから行くって事ですか。

決勝に自分も出る、とベッドを下りる黒子っち。
けど、赤司君に医者に安静にしてろと言われたからダメだ、と断られる。
赤司君は荻原君の言葉を伝えないだろうと思ってたけど、ちゃんと伝えた。
黒子っちを落ちつかせるという理由だけかもしれないけど。

黒子っちは赤司君に本気でやってくれと頼む。
彼らが本気でやるという事は点差がとんでもない事になるという事。
けれど、手を抜かれる方がもっと嫌だと荻原君なら言うはずだから、それでいいと黒子っちは頷く。

試合前のキセキはある相談をしていた。
もう誰が一番点を入れられるか競うのも飽きたし、別のゲームをしよう、と。
そこに赤司君がやってくる。黄瀬が黒子っちはどうッスか?と聞く。
出られない事を聞いた黄瀬はちょっと残念そうだった。
ようやくここで接点あったよ、黒子と黄瀬の!
帝光編入ってからほとんど接点ないから、黒子が黄瀬の事を「そんなに仲良かったでしたっけ?」と言ったのは事実だったんだなと思ったよ。

新しいゲームの提案は詳しく描かれてないけどまた黄瀬がしたみたいだね。
ムッ君は面倒だって言ってる。緑間君はくだらないって言ってる。青峰はまあ普通、きっとやれと言われたらやる。
でも、赤司君はすごくその考えに賛同した。
「いいじゃないか。ただの点取りゲームよりはるかに楽しめそうだ。それに今からの相手にもうってつけだ」
帝光の力を荻原君に見せつける事、それが赤司君の目的。
何をやるんだか知らないけど、今からやるゲームは赤司君のお気に召したようです。

黒子っちはあの後また眠ったらしい。
目を覚ますと病室には桃井さんが付き添ってくれていた。
試合は第4Qが始まった所、黒子っちは試合に出られなくてもディスプレイで試合を見たい、この目で結果を見届けたい、と、病室を出て行く。
桃井さんももちろん付きそう。

試合は帝光の圧倒的リードで優勝はもう確定モード。
誰も違和感に気付かない。
モニターを見ている他の人も、桃井さんも、気付かない。
けど、黒子っちだけは違和感に気付いた。
「この試合は何か・・・変です」

黄瀬のダンクが決まる。点数は111対9で帝光が圧倒的リード。
明洸の方も運よく抜いて点を取ったりしたけど10点も取れない。
けど残り15秒あるから、最後のゴールを決めて胸張って負けよう。
荻原君は爽やか青春スポーツ少年の見本のような笑顔で告げた。

黒子っちはキセキの意図に気付いた。
ふらつく体で試合会場に向かった。
明洸最後の攻撃、荻原君が青峰を抜いた。
青峰が抜かれるって珍しいね。
そこでシュート。でも外す。

「ありゃ。せっかく抜かせたんだからちゃんと決めてくれよ。オーイ紫原ー」

青峰が抜かれたのはわざとだった。
呼ばれたムッ君がこぼれたボールを「あいよー」と軽い掛け声と共にゴールに放り込む。
自殺点で明洸に2点追加。
誰がどう見ても、わざとやった自殺点。
でも観客はあまりそういう事気にしてないようだ。

「ったく最後に花もたせる形にしてやったのによー」
「けどホラホラッ揃ったじゃないッスか。目標達成ッス」
青峰と黄瀬の会話に荻原君が彼らの意図に気付いた。
もうこの黄瀬の台詞が超ゲスいわー。ほんと、これ思いついたの絶対黄瀬だわー。

試合結果は111対11。綺麗に1が並ぶ得点板。
彼らは得点をただ1で揃える為だけに試合をしていた。
ここまで帝光が失点したのも1に揃える為だけのわざとだった。
最後の最後で明洸にチャンスを残したのも、彼らに花をもたせて終わらせる為のただのシナリオ。

(最初から遊ばれていただけだったのか。あんな暇つぶしのような数合わせにオモチャとして・・・)

絶望感に溢れる荻原君に会場にたどり着いた黒子が声をかけた。
黒子の顔を見た荻原君はもう何も言えなくなってる。
黒子っちも何も言えない。

ねぇ。初めての黒子っちのモノローグが、こんなに悲しいものになるって思わなかったよ。

(なんでー)
(友達との約束をふみにじり、仲間の声は何も聞こえない)
(・・・優勝したのに。胸が痛い。息が苦しい。これが・・・こんなものが勝利と呼べるのか?)
(もうボクにはわからない)
(じゃあ勝利ってなんですか?)

泣きながら自問自答する黒子っち。
優勝したのに泣いてるからはたから見たら嬉し泣きに見えるかな。
見えないな。明らかに悲しそうだ。それに黒子っち帝光のジャージもユニも着てないから帝光生だと分からない。

荻原君も絶望してたけど、黒子っちも絶望してた。
自分のチームメイトにも、そして多分、自分自身にも絶望していたんだと思う。
全中の事件、というものは予想と違ってたんだけど、これで黒子っちがバスケ辞めるのは分かるけど何故荻原君もバスケ辞めるんだろう。
そんで何故これで黒子っちを嫌いになるんだろう。
この時点だと、荻原君が黒子っちを嫌いになる理由はないよね。
帝光の他のキセキに遊ばれて、すごく嫌な思いをしただけで、そこで黒子っちを憎む理由にはならない。
来週描かれるはずのその後の話で、荻原君が赤司君に何故こんな事をしたのかと聞いた時に「テツヤに言われたんだよ」って言っちゃうのかな。
そしたら荻原君は黒子っちを憎むよね。
黒子っちは「本気でやってください」と言っただけだったけど、その言葉がなければ赤司君は点を全部1で揃えるという案に賛成しなかったかもしれない。
ああ、でも、今の赤司君なら黒子っちの言葉がなくてもきっと賛成しただろうね。
黒子っちに責められても、赤司君は「僕達は本気だったよ。本気で遊んであげたんだから」って言うんだろうし。

もう辛いです。

全中の例の事件も分かったんだし、後はもう終わりでいいです。
これ以上黒子っちを辛い目に会わせないで・・・ってもうこれ全部過去だった。過去の話だった。起こった事の話だった。
黒子っちはこの辛い過去を経て今の誠凛にいるんだった。

もう、現代に戻ろう?誠凛に戻ろう?火神君のおうちに戻ろう?
そんで誠凛の皆と一緒に決勝の洛山に対する対策を練ろう?

今回あまりにも辛かったのであらすじでごまかした。もうこれ感想じゃないわ。
00:01 黒子のバスケ - -
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
応援
うたの☆プリンスさまっ♪All Star 2013年3月7日(木)発売

黒子のバスケ女子プチオンリー「恋もバスケも女のカンよっ!」
申込締切:3月24日

三強プチオンリー実行委員会
申込締切:3月16日

テニスの王子様完全版 応援バナー

ワンドオブフォーチュン2

NOW PLAYING
うたの☆プリンスさまっ♪ 来栖翔

GS3公式サイト

三国恋戦記〜オトメの兵法!〜
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
黒子のバスケ リバーシブルクッション 黒子テツヤ
黒子のバスケ リバーシブルクッション 黒子テツヤ (JUGEMレビュー »)

毎日抱きしめて話しかけてます。本当に可愛いので黒子っち好きにオススメです。
RECOMMEND
RECOMMEND
障害役者 〜 走れなくても、セリフを忘れても 〜
障害役者 〜 走れなくても、セリフを忘れても 〜 (JUGEMレビュー »)
柳 浩太郎
今まで自分の事をほとんど語らなかった柳君が語る事故前と事故後の自分。
柳君をもっと好きになりました。
OTHER