主に携帯から更新されるブログです。
その時々の叫びが如実に反映されますよ。
ブログタイトルはMaxBoys「恋のキセキ」から引用。
HAPPY BIRTHDAY ARAKITA!


荒北さん誕生日おめでとう〜!
(実は手に入れていたナンジャ荒北クッキー)(ぶっちゃけ金城さんと泉田君以外は全部手に入れました)

作者の渡辺先生によると荒北さんは誰かに祝いの言葉を述べられるたびに「うっせ!」と言うそうです。
つまりそれだけ色んな人に祝われてるって事だよね。
すごいな荒北さん人気あるな!運び屋っていう性質上色んなキャラと関わりや繋がりがあって荒北さんに関する薄い本の種類が多いのも分かる気がします。
大体オールキャラ書いてる人の他の本を読みたいなって検索すると、荒北さん関連になります(真顔)

荒北さんって誕生日が4月初めだから彼を皆で祝うにはどうすればいいのか考えました。
イラストとか見ていて真波も含めた全員で祝っている絵が沢山あったんだけど、4月2日の時点できっと1年生真波と3年生荒北さんって出会ってないと思うんですよね。
真波が入学式の前からハコガクの自転車部の練習に参加したくて仮入部してたっていう設定なら出会ってる可能性もあると思うんだけど、眠いと練習さぼるような子がそこまでするとは思えない。
福富さんのように推薦でハコガク入った人だったらきっと入学式の前から練習に参加してるんだろうけど、真波に限ってそれはなさそう。
って事は、多分真波入学時の4月2日の時点で真波は荒北さんを祝えないんですよね。
そうなるともう卒業後しかなくなるんだけど、卒業後まで荒北さんが箱根に残るかなぁというと、何かそれも不自然な気がして。
大学入学が決まったらもう4月の時点で引っ越してそうなんだよね。
寮はきっと3月までしかいられないだろうし、高校の卒業式って3月1日が多いからもう4月になったら寮にはいなくて洋南大学の近くにアパート借りて1人暮らししてるんじゃないかなぁって思うのですよ。

でも、まぁ、細かい事は置いといて。
ちょうど4月2日に最後で皆にお花見しようぜって言って集まって、その場で荒北さんを祝えばいいんだ、という強引な結論に達したよ。
箱根まで総北メンバーも来ちゃうよ。同じ大学の金城さんももちろん来るよ。
そんで皆で一緒にお花見しながら荒北バースデーを祝えばいいよ!!!(考えるの面倒になった末の結論)

4月2日はハコガク旧4番2番の日なのでこの二人のイラストも多かったです。
私も何かネタ考えよーって考えた結果、何故か東堂夢小説のプロットが出来上がりました。
頭おかしい。
東堂とヒロインをくっつけようとさせるおせっかい新開さんと荒北さんのお話でした。
ネタ考えてる時とかプロット考えてる時が一番楽しいわ。それを文章まで昇華させる気力はない。
でも東堂ドリは1本書いて落ちつくべきだと最近思った。
何でドリかってあの人巻ちゃん以外の相手がいないからな!
真波は委員長いるからまなんちょでいいんだけどな!

巻ちゃんを好きだけれど諦める為に彼女を作った東堂さんが、その彼女に「本当に好きなら迷うな」と言われて振られて結局巻ちゃんに告白する話なら既に構築済です。
これ要するに今流行りのモブ視点の●●×▽▽だと思うんだけど(この場合モブ視点の東巻?)モブの女の子がキャラを好きな場合で更にモブ視点だから女の子主人公の場合ってどう考えても夢小説だと思うんだけど。
悲恋前提の夢小説だよねーって支部のタグを見ながらいつも思う。
22:07 弱虫ペダル - -
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
応援
うたの☆プリンスさまっ♪All Star 2013年3月7日(木)発売

黒子のバスケ女子プチオンリー「恋もバスケも女のカンよっ!」
申込締切:3月24日

三強プチオンリー実行委員会
申込締切:3月16日

テニスの王子様完全版 応援バナー

ワンドオブフォーチュン2

NOW PLAYING
うたの☆プリンスさまっ♪ 来栖翔

GS3公式サイト

三国恋戦記〜オトメの兵法!〜
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
黒子のバスケ リバーシブルクッション 黒子テツヤ
黒子のバスケ リバーシブルクッション 黒子テツヤ (JUGEMレビュー »)

毎日抱きしめて話しかけてます。本当に可愛いので黒子っち好きにオススメです。
RECOMMEND
RECOMMEND
障害役者 〜 走れなくても、セリフを忘れても 〜
障害役者 〜 走れなくても、セリフを忘れても 〜 (JUGEMレビュー »)
柳 浩太郎
今まで自分の事をほとんど語らなかった柳君が語る事故前と事故後の自分。
柳君をもっと好きになりました。
OTHER