主に携帯から更新されるブログです。
その時々の叫びが如実に反映されますよ。
ブログタイトルはMaxBoys「恋のキセキ」から引用。
夜明け感想というか覚書


柳浩太郎復帰公演、夜明け、見ました。
22日土曜のマチネ。
チケ発売日は夜中1時半まで頑張ったけどチケットサイトに繋がらなくて、翌朝6時前にアクセスしたら完売してた。二次抽選販売を1枚だけ申し込んだら当たった。
柳の復帰舞台を私が見られるはずがない、と思っていたから当たってよかった。
まあ抽選申し込んだけど半分諦めてたし、1月のイベントの時のメッセージでは舞台は行けないって書いちゃったんだけどね。

劇場は非常に狭いです、って書いてあったけど、思った以上に狭かった。
客席と舞台が近いなんてレベルじゃない。
小さいライブハウスに無理やりベンチや椅子を並べて客席を作った、って感じなので、狭いというレベルではない。
隣の人との距離が電車レベル。しかも満員電車。
その分役者も近かったし、誰か役者に喫煙者いるよね、本番始まったら煙草臭かった。

泣いたり笑ったり情緒がめっちゃ不安定でぐちゃぐちゃになる舞台でしたね。 
でもこれ私が柳を見て来過ぎてるからかもしれないから、柳を何も知らない人が見たら、何だこれって思うだろう舞台。
完全に柳を知る私達と、柳自身と、柳復帰を待ってた仲間達の為の舞台です。
ゲネプロレポの通り、最後は一応希望で終わる。何回も泣いたけど悲しい話では無いよ。
舞台の主人公である柳瀬は舞台にまだ復帰出来る状態まで回復しなかったけど、我々は柳が1年で回復してテニミュ出たの知ってるじゃん…だから柳瀬も回復してまた舞台に立てるんだろうなと思う。

内容はサイトに書いてある通り。
舞台の本番前に事故にあった柳瀬が、リハビリしたり挫折したり子犬と戯れたりしながら、また舞台に復帰しようとする話。
リハビリの続く中、ある日突然柳瀬は記憶障害を起こし、仲間や家族の顔も分からなくなり、海外にいた子供時代まで記憶を逆行させる。
担当医は柳瀬を回復させるのに身体の一部をAIに取って替わらせるAI手術をする事に拘る。
リハビリ担当の看護師か理学療養士かどっちか分からんけど多分看護師の恵さんは、リハビリで回復させようとする。
AI手術では身体面では回復しても感情が無くなる可能性が高い。 
柳瀬の夢はバックダンサーだった。
だから、皆でダンスをして、柳瀬にそれを見せてダンスへの熱や夢を取り戻させよう、というのがクライマックス。

正直、柳瀬が当て書き過ぎてAI手術の事以外は全部本当の事だったんじゃないかとしか思えないし、柳瀬が当て書き過ぎて柳なのか柳瀬なのか判断つかない。そのまま過ぎる。
役名、柳瀬浩太郎だしね。漢字出てないから知らんけど、読み方はコータロー。
フィクションですって言われても信じられない。
台詞とかどこまで台本通りなの、これはアドリブなの、だって柳すぐこういう事言うよね??という事があり過ぎた。
すぐうるせえとかクソヤローとか言うし。
話が飛んだりとかするのも。
完全に演技だなって思ったの子犬と戯れるシーンだけだよ。
あと医者と星眺めて星座の名前言う所。

だって私達知ってるじゃないですか。
あの事故の当時の記憶、あるじゃないですか。
皆があの時どう思ってたのかとか、詳しくは知らないけど、分かるじゃないですか。

姉が眠り続ける柳瀬に聞かせる曲がザ・レギュラーのインストなんだけど、それ流れた途端会場にすすり泣きが響き渡る。

柳瀬の仲間2人の役名が木村と長谷川なんだけど、これどう考えてもKIMERU君と滝川部長じゃん??
木村はそもそも柳がKIMERU君を呼ぶ呼び方だし。
柳が目を覚ました時はテニミュ楽が終わって新幹線のホームにいた時に連絡受けて、皆でホームで抱き合って泣いた、というのをKIMERU君のブログだかで読んだから、木村が柳瀬が目を覚まして会いに行った時にトイレ行くって言ってトイレでめちゃくちゃ泣いてたのとか、それは事実だったのかなーとか。 
KIMERU君は何で日替わりで来るだけで木村役やらないのかなーとちょっと思ったけど逆に出来ないね、これ。
KIMERU君は割と感情豊かな方だし、自分役というものに感情引きずられすぎると思う。
近くで見てきた別の役者の方がちゃんと演じられるんじゃないかな。
あと、自分役を出来るのなんて柳くらいじゃないのか…?

自販機でコーヒーを買おうとするのに、上手く指を動かせなくていつもお汁粉とかコーンポタージュとかしじみ70倍のやつとか買っちゃってコーヒーが買えない。
このシーン、間違えるたびに笑いが起きてたけど、本来笑うシーンじゃないんだよな…。
脳の信号が上手く指に伝わらなくて上手くボタンが押せない。
でも最後の最後ではちゃんとコーヒーを買えるようになるまで回復するんだよ。

恋人と別れた話もやった。
あれは泣いてしまったな。
あそこだけ妙にリアルだったな。
まあなんだかんだ柳瀬のシーン全部リアルなんだけどな。

見舞いに来なかったり連絡の来ない友達の連絡先を消して「削除」「削除」って呟いてるの、確かにデスノートの月っぽかった。
武田Pは星マーク付けてて(お気に入り)木村は待受にしてて、長谷川が見舞いに来た時にちょうど長谷川の連絡先消そうとしてて、長谷川に言われて保留にする。
その後様々な行き違いがあり、柳瀬が遊んでた子犬の名前が長谷川になるの面白かった。

日替わりは寿里のモデルウォークと、篠田君の香水の歌。
もうここ何が何だかよく分からない。自由過ぎて。
途中から台本に無いって言ってたし。
なんかめちゃくちゃ笑ったし、篠田君に向かってやっほーって言った。

寿里は柳瀬の中学1年の時の同級生で中2で転校した役。
彼も事故で障害が残ったけどリハビリを頑張って元通りになった、という設定。
通院はまだあるから病院に来ていて、500円玉を落として病室に探しに来て、柳瀬と偶然再会する。
そこから少し会話して寿里に柳が何かやらせる(のがモデルウォーク)
 
篠田君はリハビリに投げやりになった柳瀬を励ましに来る病院の清掃バイトのフリーター。
もうその頃は柳瀬はリハビリをやる気を出してるから励ましは必要無いというのを無理やり励まそうとする役。
そこからまあ柳が何かやらせるんだけど、香水の歌を自作して歌え、という無茶ぶり。
客席の方に窓がある設定で窓を開けてやっほーって言ったりとまあ割と自由。
柳に「そういう窓閉めたり鍵かけたりとかいう小芝居いいから」と言われたりする。あそこ柳瀬じゃなくて柳だからな…。アドリブだし。

柳瀬を支える人達の名前を1人1人挙げていく時に、最後に七色のライトがついて客席が照らされて、「柳瀬を待ってるお客さん」って言われるの、ずるいよな。
よく覚えてないけど確かそんな感じの台詞だったと思うわ。
柳瀬を支える人々の中に我等も入ってたわ。

上島先生振付のダンス、やっぱり好きだわ。
ああこれ上島先生の振りだ、って何となく分かるよね。
女性陣若いからか皆ダンス上手くて動きキレッキレで思わず見入ってしまった。

柳瀬に記憶を取り戻させようとするダンスのシーンで最初に森山君演じる武田Pが右袖からラメ入りのキラキラしたリボンを出す。
そこで小さく上がる悲鳴とすすり泣き。
我々はそれを見ただけでアレが何を表現してるか分かるじゃないですか。
今は無きキラキラミトンだよ…。
全員ラメ入りリボン右手首に付けてダンスしてた。On My Way…。
でもあれ柳がいた時にやってたっけ?初代の時は全部ユガゲよね。
ダンスは流石に全部オリジナルだったと思う。曲もかな。
最後に踊って記憶取り戻させる所がミュージカルっぽいなって思った。
最後は皆で踊って解決だぜ。医者も看護師も全員で踊るぜ。
河合君に対して柳が「日吉も来てくれたし」って言ったのは台本なのアドリブなのどっちなの。

最後、親身になってくれた看護師の恵さんに柳瀬は告白して振られるんだけど、買えるようになったコーヒー渡して、その缶の底に告白のメッセージが書いてあるの、あれ演じてるのが柳じゃなかったら割と感動的なシーンになるんじゃないだろうか。
少女漫画な演出なんじゃなかろうか。
患者以上に見られないし、好みではないって振られるコミカルなシーンになってたけど。

アフタートークもグダグタだったんだけど、まともなトークなど期待してなかったからまあこんなもんです。
ルドンの黙示、作品としては割と面白かったんだけど現場は最悪だったらしく、クソ劇団って柳言ってた。
篠田君も1番キレてたらしい。演出家が最悪だったとか。
あそこ数年後に潰れたよね。アンケート書いたらしばらく公演の葉書来てたんだけどそのうち来なくなった。
ドリライ7の時に初代と若い子達皆で円陣組んで、柳が「じゃあ皆緊張してると思うけど」と言ったら寿里が茶化して、それで結局円陣グダグタになったらしいんだけど、その円陣に多分増田がいたんだよな…。推しと推しが邂逅してるんだよな…。
寿里君はよく現場で茶化したり、すぐボケようとするみたい。

今回の舞台は、テニミュ峰再演の時と雰囲気が似てる。柳の復帰の為に作られた舞台。プロデューサーも同じだし。
だから柳のホームでもあるし、お客さんも皆柳を知ってて温かい雰囲気で出来るというか、いわゆる身内の舞台。
次の舞台はテンペストっていうのが決まってて、これはホームではなくアウェイ。
アウェイで柳がどう演技出来るかというのが少し心配。
ただ、障害を持った人が出演するものっぽいから、そういう意味ではホームなのかもしれない。
その次の仕事があるかどうかで柳が役者続けられるか分かるんじゃないかな。
正直今回のは当て書き過ぎてもう分からん。

ただ、私も柳が舞台に立ってるだけで泣く事は無くなったからそういう意味では成長したというか冷静になったよ。
23:14 イベント - -
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
応援
うたの☆プリンスさまっ♪All Star 2013年3月7日(木)発売

黒子のバスケ女子プチオンリー「恋もバスケも女のカンよっ!」
申込締切:3月24日

三強プチオンリー実行委員会
申込締切:3月16日

テニスの王子様完全版 応援バナー

ワンドオブフォーチュン2

NOW PLAYING
うたの☆プリンスさまっ♪ 来栖翔

GS3公式サイト

三国恋戦記〜オトメの兵法!〜
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
黒子のバスケ リバーシブルクッション 黒子テツヤ
黒子のバスケ リバーシブルクッション 黒子テツヤ (JUGEMレビュー »)

毎日抱きしめて話しかけてます。本当に可愛いので黒子っち好きにオススメです。
RECOMMEND
RECOMMEND
障害役者 〜 走れなくても、セリフを忘れても 〜
障害役者 〜 走れなくても、セリフを忘れても 〜 (JUGEMレビュー »)
柳 浩太郎
今まで自分の事をほとんど語らなかった柳君が語る事故前と事故後の自分。
柳君をもっと好きになりました。
OTHER